MS251_japanpassport_TP_V
 以下は、今回の【米国東海岸旅行の雑感】です。

グレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園 & マンモス・ケーブ国立公園

  • とりわけ、グレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園周辺は、観光地化されていて、とても洗練された雰囲気であったように思います。西海岸でいうと、セドナのような雰囲気でしょうか?
  • とはいえ、国立公園自体の魅力としては、西海岸にある多くの国立公園と比べると、さほど魅力は感じなかったところです。
  • したがいまして、東海岸に住んでいる方、とりわけ、車で訪問することができるようなところに住んでいる方であれば、訪問して十分楽しむことができるように思いますが、カリフォルニア州などの西海岸に住んでいる方であれば、無理して訪問する必要はないように感じました。
  • とりわけ、ケーブに興味があるという場合には、マンモス・ケーブ国立公園よりも、カールズバッド洞窟群国立公園の方が楽しむことができるように思います。
  • もっとも、グレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園、マンモス・ケーブ国立公園ともに、世界遺産に登録されています。
  • 私のように、米国の国立公園、あるいは、世界遺産を訪問することが趣味の方は、訪問することは必須であると思います。

シャーロッツビル

  • 私は、世界遺産に興味があるということで、Charlottesville にある世界遺産「シャーロッツビルのモンティチェロとバージニア大学」(Monticello and the University of Virginia in Charlottesville) を訪問してきたところですが、一般的には、なかなかシャーロットビルを訪問することはないと思います。
  • しかし、ワシントンD.C. からさほど離れているわけではありませんし、世界遺産あるいは、アメリカ独立宣言の起草委員およびアメリカ合衆国第3代大統領を務めたトーマス・ジェファーソン (Thomas Jefferson) に興味があるという場合には、Charlottesville を訪問しても十分楽しめるのではないかと思います。
  • ただし、モンティチェロは、ダウンタウンからちょっと離れているにもかかわらず、公共交通機関はないようです。結局のところ、レンタカーを借りるか、タクシーあるいは Uber を利用するしかないようです。ちなみに、私は Uber を利用しました。

ワシントンD.C.

  • ワシントンD.C. の観光名所といえば、まず連邦議会議事堂があげられるかと思いますが、ツアーに参加するには、かなり前から予約をしておく必要がありそうです。
  • 連邦議会議事堂の裏に、連邦最高裁判所 (The Supreme Court of the United States) がありますが、個人的には、ぜひ連邦最高裁判所も訪問してみていただければと考えています。
  • また、連邦議会議事堂の東隣にあるアメリカ議会図書館 (Library of Congress) も、なかなか楽しむことができると思いますので、ぜひ訪問してみてください。なお、ツアーに参加しようと考えている方は、ツアーの予定時刻の前に余裕を持って建物の中に入って (セキュリティーチェックも済ませて)、集合場所の地下のところに行くようにしてください。
  • アメリカ議会図書館では、写真付きのIDがあれば、議会図書館の利用カードを発行してもらうことができます。アメリカ議会図書館では、アメリカ国内の資料ばかりでなく、日本を含む世界各国の資料も数多く蔵書されています。そのため、もしアメリカ議会図書館で資料を収集したいと考えているのであれば、ぜひ利用カードを発行してもらうことをオススメしておきます。
  • 国立公文書館 (National Archives Museum) では、何と言っても、「独立宣言」(Declaration of Independence)、「合衆国憲法」(United States Constitution)、「権利章典」(Bill of Rights) の3つが、ロタンダ (円形広場) のところで公開されています。しかも、正真正銘のオリジナルが公開されています。
  • また、ワシントンD.C.を訪問する機会に恵まれた際には、ぜひホロコースト記念博物館 (United States Holocaust Memorial Museum) も訪問してみていただければと思います。
  • おそらく、スミソニアンで1番人気の博物館が、国立航空宇宙博物館 (National Air and Space Museum) です。とりわけ、月の石 (Moon Rock)、ライト兄弟のフライヤー (1903 Wright Flyer)  は必見です。
  • ナショナル・ギャラリー (National Gallery of Art) は、美術館好きな方であれば、1日滞在していても飽きることはないと思います。
  • 今回初めて、国際スパイ博物館 (International Spy Museum) を訪問してきました。私のように、スパイに興味がある方にとっては、とても楽しむことができる博物館であると思います。ただし、スミソニアンではありませんので、お金がかかります。

ボルチモア

  • ボルチモア市内では、サーキュレーター (Circulator) という無料のバスが走っています。このサーキュレーターを利用すれば、移動はタダということになります。実際、私は、移動にこのサーキュレーターしか利用していませんので、すべてタダで移動することができました。
  • ボルチモアの2つの美術館 (Baltimore Museum of Art、The Walters Art Museum) は月曜日と火曜日が定休日ですので、ボルチモアで、2つの美術館 (Baltimore Museum of Art、The Walters Art Museum) がお目当てであれば、月曜日と火曜日にモルチモアを訪問するのは避けることを強くオススメしておきます。
  • ボルチモア美術館とウォルターズ美術館ですが、どちらの美術館も館内の雰囲気がとても素晴らししかったのですが、個人的には、ウォルターズ美術館の方がより楽しむことができました。
  • ジョージ・ピーバディー図書館 (George Peabody Library) は、別名「世界一美しい図書館」あるいは「本の大聖堂」とも呼ばれている図書館です。美しい図書館に興味のある方は、必見であると思います。
  • 野球ファンであれば、「ベーブ・ルースの生家と博物館」(Babe Ruth Birthplace & Museum) も非常に楽しむことができるところなのではないかと思います。
  • ボルチモアのスーパーマーケット (Streets Market and Cafe) は、日本食材も充実していたほか、うどんなども注文することができ、とても重宝しました。


フィラデルフィア

  • 独立記念館 (Independence Hall) を見学するためにはツアーに参加する必要があります。確実に訪問するというためには、早めにウェブサイトから入手しておくことをオススメしておきます。
  • フィラデルフィアで宿泊したのは、Thomas Bond House Bed & Breakfast ということころなのですが、ここはとてもよかったと思います。初めて B&B と言われるところに宿泊しましたが、一般的にホテルよりも快適かもしれないと感じました。それなりに英語で会話をしなければいけませんでしたが、英語が苦ではないという方であれば、とてもオススメの B&B だと思います。
IMGP8190
IMGP8187
IMGP8185
IMGP8183


ニューヨーク

  • 今回は、New York City Pass を利用したところですが、このパスは、ニューヨークを訪問するのが初めての方であれば、大変お得なパスであると思います。
  • しかし、すでに何度かニューヨークを訪問したことがある方であれば、このパスの対象となる施設等を訪問したことがあると思いますので、そのようなリピーターの方にとっては、あまり意味はないのかもしれません。
  • 実際、私の率直な感想としては、これまで訪問したことのあるところを訪問するのではなく、これまで訪問したことのないところを探索する方がよかったなぁ (したがって、今回は、New York City Pass を利用しない方がよかったなぁ) と感じたところです。
  • しかも、New York City Pass の特典をすべて消化しようとかなり無理もしました (たとえば、昼間だけでなく夜間もエンパイア・ステート・ビルを訪問しました) ので、余裕を持って行動するという意味でも、すでにニューヨークを訪問したことがある方であれば、New York City Pass は必ずしも必要ではないように感じました。
  • 自由の女神の王冠 (Reserve+Crown) のチケットは、できれば「半年以上前」に予約を取っておくことをオススメしておきます。
  • 今回初めて、9.11 メモリアル・ミュージアムを訪問しましたが、この施設はとても充実していたと思います。「平和とは何か」について考えさせられる場所であると思います。
  • ニューヨークの街並みを望むことのできる展望台としては、エンパイア・ステート・ビルとトップ・オブ・ザ・ロックがあげられるかと思いますが、エンパイア・ステート・ビルを写真に収めることができるという点で、トップ・オブ・ザ・ロックからの方がニューヨークらしい光景を眺めることができるように思います。
  • メトロポリタン美術館 (The Metropolitan Museum of Art) は通算4回目の訪問となりますが、それでもまったく飽きることなく楽しむことができました。今回、午後から訪問しましたが、朝から訪問して、1日中過ごした方がよかったと後悔しているくらいです。
  • ニューヨークには、4泊しかしなかったものの、7日間乗り放題のメトロカードを利用したところですが、地下鉄だけでなく、バスにも利用できましたので、十分に元はとれたのではないかと思います。
  • おそらくニューヨークにつきましては、将来、再び訪問することもあるのではないかと思いますが、そのときは、1週間以上、ゆっくりと過ごしてみたいと思います。
  • ニューヨークからボストンに移動する際に NEW YORK PENN STATION を利用したのですが、列車を待つ間、AMTRACK ROTUNDA にある Zaro's Bakery | A Family Bakery にてブレックファースト (ハンバーガー) を食べたのですが、かなり美味しかったと思います。オススメです。
IMGP9278
IMGP9277


ボストン

  • 10年前の時は「The John F. Kennedy Presidential Library & Museum」を訪問したのですが、今回はまだ訪問したことのない「ジョン・F・ケネディの生家」(John Fitzgerald Kennedy National Historic Site) を訪問しました。個人的には、今回の「ジョン・F・ケネディの生家」の方が楽しむことができました。
  • ボストン美術館も大変楽しむことができます。美術館好きの方であれば必見だと思います。
  • 通算3回目の訪問となりますが、フリーダム・トレイル (The Freedom Trail) を回ってきました。3回目の訪問ではありますが、それでも十分に楽しむことができました。
  • 今回初めて、ブラック・へリテージ・トレイル (Black Heritage Trail) を歩いてみましたが、とても楽しむことができました。ボストンリピーターの方であれば、こちらのトレイルを歩いてみることをオススメしておきます。
  • また、トレイルからちょっと外れます (ただし、すぐにトレイルに戻ることができます) が、エーコン通りや『若草物語』の著者であるルイザ・メイ・オルコットが一時期住んでいた家も楽しむことができますので、ブラック・へリテージ・トレイルは、個人的にはかなりオススメのトレイルではないかと考えています。
  • ボストンでは、初日と最終日に、タイ料理店の Brown Sugar Cafe でディナーを楽しんだのですが、なかなか美味しかったと思います。
IMGP9283
IMGP9285
IMGP9286
IMGP9284
IMGP9752


その他

  • ナショナル・パークめぐりをしていたときは、携帯が繋がらず、インターネットを利用できないことも少なくなかったわけですが、今回の東海岸旅行では、携帯が繋がらないということはまったくなく、とても快適なネット環境を享受することができました。改めまして、グーグルマップの凄さを実感したところです。
  • 東海岸では、だいたいどこの都市でも、日本の食材を手に入れることができました。ニューヨークやワシントンD.C. はもちろんですが、ボルチモアでも、スーパーマーケットで日本食材を手に入れることができましたので、米を食べないと辛い私にとっては、とても助かりました。
  • また、日本の食材に限らず、フルーツやヨーグルトなども、スーパーマーケットで入手することができましたので、ナショナル・パークめぐりをするときよりも、食事面では実に快適でした。
  • 一方で、ナショナル・パークを訪問した時に宿泊したようなモーテルではなく、普通のホテルの場合には、電子レンジがないところがほとんどでしたので、外食を余儀なくされることも少なくありませんでした。
  • それでも、スーパーマーケットの中で、食事をできるスペースがあるところもあり、そこを利用すれば、かなり食費を抑えることができると思います。


スポンサーリンク