IMGP1591
 本日 (2018年7月17日) は、ワシントン州の Castle Rock からオレゴン州の Portland まで移動したのですが、その道中で、セントヘレンズ火山国定公園 (Mt St. Helens National Volcanic Monument) を訪問してきました。

スポンサーリンク



セントヘレンズ火山国定公園 (Mt St. Helens National Volcanic Monument) の主要な見どころ地域

 セントヘレンズ火山国定公園 (Mt St. Helens National Volcanic Monument) へのアプローチは、北西から、北東から、南からという3通りのルートがありますが、多くの方は、北西ルート (WA-504) からアプローチでセントヘレンズ火山国定公園を訪問していると思います。

 私も北西ルートを利用したわけですが、北西ルートを利用する場合の主な見どころは、ジョン・ストンリッジ (Johnston Ridge) となります。ここには、火山の火口の様子がよく見える展望台があります。ちなみに、ジョン・ストンリッジという名称ですが、1980年の大噴火の際にこの地で観測をしていて犠牲になった火山学者 David Alexander Johnston を偲んで名付けられたそうです。

 一方、北西ルート以外のルートでセントヘレンズ火山国定公園を訪問するという場合、北東ルートということになると思いますが、北東ルートの場合の見どころは、ウィンディリッジ (Windy Ridge) ということになると思います。

  なお、私は、一般的なルートである「北西ルート」を利用し、北西ルートの主な見どころである「ジョン・ストンリッジ」(Johnston Ridge) を訪問してきました。 

スポンサーリンク




ビジターセンター前の展望台

 ビジターセンター前の展望台からは、セントヘレンズ火山の火口の様子を見ることができます。
IMGP1543
IMGP1542

スポンサーリンク



ビジターセンター

IMGP1539
 ビジターセンターで入園料を支払うこととなります。なお、セントヘレンズ火山国定公園は、国立公園局 (National Park Service) ではなく、農務省森林局 (the U.S.Forest Service) が管轄していますが、国立公園の年間パスを提示したところ、無料で入園することができました。

 ビジターセンターでは、以下のように、とりわけ、1980年の大噴火の際の様子について多く展示されています。
IMGP1578
IMGP1580
IMGP1587
IMGP1588
IMGP1589
スポンサーリンク



Eruption Trail

 ビジターセンターでトレイルマップを入手した後、ビジターセンター近くのトレイル Eruption Trail を歩いてきました。なお、Eruption は「噴火」という意味です。
IMGP1576
IMGP1577
 ビジターセンター前の展望台よりも高い場所から、セントヘレンズ火山を見ることができます。
IMGP1549
IMGP1554
IMGP1561
IMGP1564
 ちなみに、かなり遠いところまで歩くトレイルもありましたが、本日はトレイルを歩く予定ではなかったので、断念しました。
IMGP1556
 このトレイルでは、高山植物を鑑賞することもできました。
IMGP1546
IMGP1567
IMGP1570
IMGP1572

スポンサーリンク



ビジターセンターで上映されているフィルムは必見

 トレイルを楽しんだ後、ビジターセンターで上映されているフィルムを鑑賞してきました。上映されているフィルムは以下の2つです。
  1. Eruption of Life
  2. Message from the Mountain
IMGP1579
 1980年当時の大噴火の様子も見ることができ、大変興味深い内容となっているように思います。とりわけ、Eruption of Life は、火山の大噴火の際に、そこに住んでいる動物の暮らしにも焦点を当てていて、個人的には、とても楽しむことができました。

 なお、このフィルムですが、英語の字幕があります。また、ビジターセンターの受付のところで、日本語のイヤホンを借りることもできるようです。私は、フィルムを見終わった後に知りました。

スポンサーリンク



セントヘレンズ火山国定公園 (Mt St. Helens National Volcanic Monument) は、マウントレニエ国立公園と合わせて訪問を!!

 セントヘレンズ火山国定公園 (Mt St. Helens National Volcanic Monument) は、マウントレニエ国立公園とさほど離れているわけではありませんので、マウントレニエ国立公園と合わせて訪問をするといいのではないかと思います。

 あるいは、シアトルからでも3時間ほど、ポートランドからは2時間ほどの距離ですので、シアトルやポートランドを訪問したついでに訪問するという手もあるように思います。

 ちなみに、本日の移動ルートは、以下の通りです。



Best wishes to you !!


スポンサーリンク