本日 (2019年2月28日) からベトナム旅行です。1日目の本日は、関西国際空港からベトナムのハノイに移動しました。ハノイ・イノバイ国際空港に到着後、まずは SIM Card を購入しました。

スポンサーリンク


SIMカードの入手はびっくりするくらい簡単!

IMGP3267
IMGP3268
 SIMカードの入手はびっくりするくらい簡単でした。空港を出て、SIM Card の標識のあるところで購入するだけです。私は、2枚目の写真にある Tourist Information Center で購入しました。
IMGP3269
 料金も格安であると感じました。結局、私は、店員の方にオススメされるままに、インターネット+通話のプランで、Vinaphone の 250,000VND ($11) にしました。

 なお、ベトナムの主な通信会社としては、Vittel, Vinaphone, Mobifone の3社がありますが、この3社であれば、どれでもたいした違いはなさそうです。


路線バスでもボッタクリに注意

 SIM Card を購入した後、ハノイ・イノバイ国際空港から、路線バス(86番バス)でハノイへ移動しました。路線バスに乗車しようとしたとき「$4」と言われたのですが、ちょっと驚いた表情をしたところ、すぐに「$2」となりました。

 しかし、あとで調べてみたところ、この路線バスの料金は、ベトナムドンでは「35,000VND」ということでしたので、$2でもちょっと高いくらいで、$4は明らかにボッタクリです。路線バスでも、ぼったくろうとしていたようで、ちょっとびっくりします。大した金額ではないものの、やはり乗車する前に、観光案内所等で料金を確認しておく方がよさそうです。

 なお、この日は、米朝会談が行われていたということもあり、途中、1時間ほどの足止めを食らうこととなりました。まあやむを得ないところですが、来る時期としましてはあまりよくありませんでした。


少なくともハノイでは、スマホはあった方がよさそう!

 ハノイに到着した後、ホテルに移動したほか、翌日以降のツアーのチケットを入手するため、The Sinh Tourist Hanoi を訪問してきたのですが、ハノイという街は、狭い路地が入り組んでいて、地図だけで目的地にたどり着くのはなかなか難しかったように思います。

 実際、地球の歩き方やホテルで入手した地図で確認するだけでは、どこを歩いているのかよくわからなかったところで、ほとんどグーグルマップに頼っていたところです。SIM Card を購入しておいて本当によかったと実感したところです。



スポンサーリンク