2019年3月4日は、ミーソン遺跡を訪問した後はホイアンに戻り、ベトナムの世界遺産「古都ホイアン」を散策してきました。
IMGP3953


ホイアンの観光チケット

 ホイアンの観光物件への入場は、各所で入場料を払うのではなく、1) 5枚綴りになっている「総合チケット」をチケット売り場で購入し、2) 各観光物件に入場する際には、5枚綴りの1枚をハサミで切り取られる、という仕組みになっています。

 すなわち、総合チケット1枚を購入することで任意の観光物件5箇所を訪問することができるということになりますが、6箇所の観光物件を訪問するためには、総合チケットが2枚必要ということになります。

 ちなみに、この総合チケットで入場できるのは、ホイアン観光局が指定した22箇所です。また、街中に総合チケットの売り場は13箇所あり、総合チケットの値段は、1枚につき、120,000 VND かかります。

スポンサーリンク



ホイアン観光チケットで、日本橋 (来遠橋) は訪問しない方がよい!!

 ホイアン観光局が指定した22箇所の中で、1枚のホイアン観光チケットで5箇所の観光物件を訪問することができるわけですが、別の言い方をすれば、22箇所ある観光物件の中で「どの5箇所を訪問すべきか」が問題となります。

 興味は人によって異なりますので、各自興味のあるところを訪問すればよいわけですが、少なくとも言えることとして、「観光チケットで、日本橋 (来遠橋) を訪問しない方がいい」ということは自信を持って言えると思います。

 日本橋 (来遠橋) は、1593年に造られた屋根付きの橋で、20,000VNDのお札にも印刷されているベトナムを代表する観光名所ですが、ただ橋を渡るだけで5枚しかないうちの1枚が切り取られるのでは、到底割りに合わないと思います。

 日本橋 (来遠橋) を渡らなくても渡ることのできる橋がすぐ近くにありますので、その橋を利用すればいいだけの話です。

 ちなみに、日本橋 (来遠橋) を渡るという場合、東側 (廣肇会館のある側) から西側 (フーンフンの家のある側) に渡る際には1枚切り取られているようでしたが、逆に、西側から東側へ渡る際には何らチェックはしていませんでしたので、とりわけ、東側から西側へ移動する場合には注意が必要です。


私が訪問した5箇所はオススメ!!

 私は、以下の5箇所を訪問しました (訪問順) が、どこもかなりオススメできると思います。
  1. 福建会館
  2. クアンタンの家 (均勝號)
  3. タンキーの家 (進記家)
  4. フーンフンの家 (馮興家)
  5. 廣肇会館
 もっとも、私は、以上の5箇所以外はどこも訪問していませんので、参考にとどめていただければ幸いです。

スポンサーリンク



福建会館

IMGP3798
IMGP3799
IMGP3801
IMGP3802
IMGP3803
IMGP3806
IMGP3809


クアンタンの家 (均勝號)

IMGP3812
IMGP3813
IMGP3814
IMGP3817


タンキーの家 (進記家)

IMGP3821
IMGP3822
IMGP3823
IMGP3824
IMGP3827
IMGP3829
IMGP3831


フーンフンの家 (馮興家)

IMGP3847
IMGP3849
IMGP3858
IMGP3859
IMGP3860
IMGP3861


廣肇会館

IMGP3866
IMGP3870
IMGP3871
IMGP3874
IMGP3877
IMGP3883
IMGP3885
IMGP3887


日本橋 (遠来橋)

 以下の写真は、チケットがなくても撮影することができます。
IMGP3838
IMGP3953


ホイアンの街並み

IMGP3893
IMGP3900
IMGP3901
IMGP3902
IMGP3904
IMGP3906
IMGP3909
IMGP3935
IMGP3944


おわりに

 ホイアンは、ノスタルジックな雰囲気が漂う、とても魅力的な街であると思います。



スポンサーリンク