ベトナム旅行最終日の2019年3月7日は、帰国する前に、ベトナムの世界遺産「フエの建造物群」の構成資産の1つである「グエン朝王宮」(Đại Nội) を訪問してきました。
IMGP4203


グエン朝王宮とは?

 フエは、ベトナム最後の王朝であるグエン朝の都が置かれた街です。グエン朝王宮は、1802年から1945年もの間、13代もの長期にわたって政権を握ったグエン朝の王宮です。王宮は、東西約642m、南北約568mの城壁に囲まれ、その外側にさらに壕が張り巡らされています。世界遺産検定で必ず抑えなければいけない必須事項として、グエン朝の王宮は、中国の紫禁城を模して建てられたと言われています。

 なお、グエン朝王宮のほか、フエの主要な霊廟や寺などの歴史的建造物が、1993年に世界文化遺産として登録されました。

スポンサーリンク


 以下は、私が訪問したグエン朝王宮をご紹介いたします。


王宮門 (午門)

 紫禁城の午門を模して建てられた入宮門です。
IMGP4154
IMGP4156


アイダホ殿 (太和殿)

 アイダホ殿は、王宮の正殿です。王宮門を抜け、色鮮やかな門の向こうに見える建物がアイダホ殿です。ただし、内部は「写真撮影禁止」ということで、写真はありません。
IMGP4158
IMGP4162
IMGP4163


ヒーヴー&ターヴー (右廡、左廡)

 アイダホ殿を過ぎたところにあるのが、ヒーヴーとターヴーです。これらは、当直の高級官吏の詰所であった場所で、ヒーヴーは武官、ターヴーは文官が使用していたそうです。
IMGP4165
IMGP4164


朱色の回廊

IMGP4170
IMGP4194
IMGP4192


タイ・ビン・ラウ (太平樓)

 第3代皇帝ティエウチ帝によって建設された木造建築物で、書斎として利用されていたようです。
IMGP4174
IMGP4191


ロイヤル・シアター (閲是堂)

IMGP4176
IMGP4180
IMGP4183


ヒエン・ラム・カック (顕臨閣)

 テートー廟の前閣です。
IMGP4203
IMGP4204
IMGP4209


テートー廟 (世祖廟)

 グエン朝の菩提樹です。ただし、内部は「写真撮影禁止」ということで、内部の写真はありません。
IMGP4210


ジエント宮 (延寿宮)

 ザーロン帝の母親、皇太后の住居であったところです。なお、最後の写真ですが、池の水が抜かれていました。
IMGP4213
IMGP4214
IMGP4217
IMGP4218


チューンサン宮 (長生宮)

 第2代皇帝ミンマン帝の時代に建設された建物で、皇太后の住居として使用されたそうです。
IMGP4219


その他

IMGP4224
IMGP4227
IMGP4233
IMGP4231


東門 (顕仁門)

IMGP4244
IMGP4247


おわりに

 私は、当初、グエン朝王宮のほか、ミンマン帝陵、トゥドゥック帝陵、カイデン帝陵も訪問できればと考えていましたが、午後に帰国するということで、これらの霊廟を訪問することは断念することとしました。

 実際、グエン朝王宮だけで3時間くらいかかりましたので、ミンマン帝陵、トゥドゥック帝陵、カイデン帝陵を訪問するという場合には、さらに半日かかるということになりそうです。

 もしグエン朝王宮だけでなく、ミンマン帝陵、トゥドゥック帝陵、カイデン帝陵も訪問したいという場合には、丸1日時間を確保しておくことをオススメしておきます。


スポンサーリンク