IMGP5246
 本日 (2019年8月23日) は、アテネからデルフィに移動し、ギリシャの世界遺産「デルフィの古代遺跡」(Archaeological Site of Delphi) を訪問してきました。

スポンサーリンク



デルフィとは?

 デルフィは、古代ギリシアのポーキス地方にあった都市国家 (ポリス) です。この地は、古代ギリシアの世界においては「世界のへそ (中心)」と信じられていました。

 ギリシャ神話によれば、大地の中心を決めるため、最高神ゼウスが地平線の両端から放った2羽のわしが出会った場所がデルフィであったと伝えられているようです。そして、そのシンボルが「オンファロス」(世界のへそ) と呼ばれる神聖な石だそうです。実際、デルフィは、ギリシャのほぼ中間に位置し、各地からの交通の中継点として機能していました。

 デルフィの遺跡は、1987年に「デルフィの古代遺跡」(Archaeological Site of Delphi) 」として、ユネスコの世界遺産 (文化遺産) に登録されています。

スポンサーリンク



デルフィへの行き方

 私は、アテネのリオシオン・ターミナル (Liossion Terminal) から、ローカルバス (KTEL) を使用してデルフィに移動しました。

 なお、リオシオン・ターミナル(Liossion Terminal)がわかりにくいという意見が少なくないようですが、私は、以下の順路で、地下鉄の Kato Patissia 駅から歩いてリオシオン・ターミナルに行きました。地下鉄の Kato Patissia 駅からリオシオン・ターミナルまでの所要時間は、だいたい10分くらいだったと思います。



 なお、リオシオン・ターミナルへの行き方につきましては、a-prioriさんのブログ記事「リオシオン・バスターミナルに地下鉄で行く方法」もご参照ください。

スポンサーリンク



デルフィ遺跡の回り方

 デルフィは、大きく分けて、以下3つの場所に分けることができると思います。
  1. 入場料が必要なメインとなるデルフィ遺跡
  2. デルフィ博物館
  3. 入場料が不要なデルフィ遺跡
 以上の中で、1と2は「共通のチケット」(€12) となります。

 なお、どの順路で回るのがいいのかは一概には言えませんが、デルフィ遺跡で示されていた順路に従うのであれば、1 → 3 → 2 の順番が基本となるのではないかと思います。ちなみに、私も、この順番で回りました。

 一方、夏の暑い時期などは午後8時まで開館していますので、暑い時間帯にまずデルフィ博物館で過ごし、涼しくなってきてから1と3を回るのも1つの手であるように思います。ただ、個人的には、遺跡を巡った後で、博物館を訪問する方が、どの遺跡にあったものなのかイメージできますので、博物館を訪問するのは最後の方がいいのではないかと考えています。

 以下は、デルフィ遺跡を訪問順にご紹介いたします。

スポンサーリンク



デルフィ遺跡の入口

IMGP5183
 入口のところに地図が張り出されていましたが、配布はしていないとのことでした。
IMGP5186

スポンサーリンク



シフノス人の宝庫 (Treasury of Siphnians)

IMGP5191
  • 金鉱の採掘で裕福であったシフノス島の人々によって建てられた宝庫です。
 宝庫の正面を飾っていた破風とレリーフです。<博物館の第5室>に展示されています。
IMGP5278

 正面には円柱代わりにカリアティデスと呼ばれる少女像が飾られていました。<博物館の第5室>
IMGP5277

スポンサーリンク



アテネ人の宝庫 (Treasury of Athenian)

IMGP5194
 アテネ人の宝庫を飾っていたメトープ <博物館の第7室>
IMGP5286
IMGP5287
  • 上)ヘラクレスの偉業 (ケリネイアのシカを生け捕りにするヘラクレス)
  • 下)ヘラクレスの偉業 (盗賊と戦うヘラクレス)

スポンサーリンク



ブレフリオン (Bouleuterion)

IMGP5196
  • 会議所の跡です。

スポンサーリンク



アテネ人の柱廊 (Athenian Stoa)

IMGP5197

スポンサーリンク



アポロン神殿 (Temple of Apollon)

IMGP5210
IMGP5215
  • 現存するのは、紀元前370年頃のものだそうです。
  • もっとも、紀元前6世紀頃には、この場所に神殿があったそうです。

スポンサーリンク



古代劇場 (Theater)

IMGP5213
IMGP5218
  • ピューティア祭の演劇が行われていた場所です。
  • 紀元前4世紀頃に造られたものだそうです。

スポンサーリンク



スタジアム (Stadium)

IMGP5220
IMGP5221
  • ピューティア祭のスポーツの祭典が行われていた場所です。
 以上までが、入場料が必要なエリアにある遺跡です。

スポンサーリンク



カスタリアの泉 (Castalia Spring)

IMGP5236
  • 神託を伺いに来た信者たちは、この泉の水で身を清め、参道へ進んだそうです。

スポンサーリンク



アテナ・プロナイアの神域 (Sanctuary of Athena Pronaia)

IMGP5249
IMGP5246
IMGP5254
IMGP5262
  • アテナ・プロナイアの神殿、トロス (円形神殿) などが残されてます。
  • ちなみに、プロナイアとは「前に位置する神殿」という意味だそうで、デルフィに来ると最初に目にするため、このように呼ばれるようになったそうです。
  • トロスは、紀元前380年に造られたそうです。
 神域に建っていたとされる円形の祭壇 <博物館の第12室>
IMGP5296

スポンサーリンク



デルフィ博物館

IMGP5267
 以下、これまで紹介していないもののみご紹介いたします。

 ナクソス人のスフィンクスです。<博物館の第5室>
IMGP5274
IMGP5276
 踊る少女たちの像 <博物館の第11室>
IMGP5293
 その他
IMGP5285
IMGP5282
IMGP5294
IMGP5301
IMGP5288
IMGP5289
IMGP5290
IMGP5292
IMGP5295
IMGP5297

スポンサーリンク



古代ギリシア時代に「世界の中心」と考えられていたデルフィ

IMGP5210
 以上のように、デルフィでは、紀元前の時代に造られた遺跡を目にすることができます。古代ギリシア時代に「世界の中心」と考えられていた古代遺跡を回ると、古代の人々と会話をしているようで、とても不思議な気持ちになるのは私だけでしょうか?

Best wishes to you !!

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ

大変申し訳ございませんが、ポチッと応援していただけますと大変励みになります。


スポンサーリンク