dsc04338
 2012年2月28日は、エルサレムの世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」(Old City of Jerusalem and its Walls) を観光してきました。

スポンサーリンク



エルサレムの世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」(Old City of Jerusalem and its Walls) とは?

 エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つの宗教にとって、極めて重要な意味を持つ「聖地」です。

 紀元前1000年頃、エルサレムは、ダビデによって古代イスラエル王国の首都とされました。ダビデの後を継いだソロモンは、街の中心部にあるモリヤの丘に「十戒」を納めた神殿を建設し、この頃には、エルサレムは、政治的にも宗教的にもユダヤ人の中心となりました。

 しかし、紀元前63年に、エルサレムはローマ帝国の支配下に置かれることとなり、さらに、紀元70年にはローマ軍によって市街と神殿が破壊されてしまいました。さらに、ユダヤ人は、神殿のあった丘から追放されて故国を失い、世界各地に離散 (ディアスポラ) することを余儀なくされてしまいました。このような歴史もあり、ユダヤ教徒にとって、エルサレムは重要な聖地となっています。

 一方、キリスト教徒にとっても、イエス・キリストが十字架刑に処せられた地として、エルサレムは「聖地」となりました。また、イスタム教徒にとっても、開祖ムハンマドが神の啓示を受けて天界に旅立った場所とされ、メッカ、メディナに次ぐ聖地として信仰を集めることとなりました。

 以上のように、3つの宗教の聖地となったエルサレムは、その領有権を巡る宗教間の争いの舞台となりました。638年にイスラム軍に占領されたこの地は、十字軍によって1099年にキリスト教の手に戻り、1187年にはサラディンの侵攻で再びイスラム教徒の街となって以降は、一時期を除いて20世紀初頭までほぼイスラム教徒の支配下にありました。

 現在においても、帰属問題は決着が付いておらず、エルサレムは、第一次中東戦争により東西に分割され、旧市街の東エルサレムはヨルダン領、新市街の西エルサレムはイスラエル領とされたものの、第3次中東戦争以降は、東エルサレムもイスラエルが占領しています。

 以上のような情勢が影響して、エルサレムの旧市街については、例外的にヨルダンが世界遺産として申請し、1981年に「エルサレムの旧市街とその城壁群」(Old City of Jerusalem and its Walls) として世界遺産登録されました。なお、以上のような帰属問題もあり、遺産保有国は、唯一実在しないエルサレムとなっています。

【参考文献】
  世界遺産検定事務局『すべてがわかる世界遺産大事典<上>』(世界遺産アカデミー、2012年)

スポンサーリンク



この日の移動ルート




 この日 (2012年2月28日)、エルサレムの世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」(Old City of Jerusalem and its Walls) で観光してきたところは以下のところです (訪問順)。なお、この日は、世界遺産の構成資産ではないところも訪問しましたが、世界遺産の構成資産ではない場所は除いています。
  • ヤッフォ門 (Jaffa Gate)
  • 嘆きの壁 (Wailing Wall)
  • 神殿の丘 (Temple Mount)
  • 岩のドーム (Dome of the Rock)
  • アル=アクサー・モスク (Al-Aqsa Mosque)
  • 聖アンナ教会 (Church of St. Anne)
  • エッケ・ホモ教会 (Ecce Hommo Church)
  • 聖墳墓教会 (Church of the Holy Sepulchre)
  • ヴィア・ドロローサ (Via Dolorosa)
  • ダビデの塔 (Tower of David)
  • 聖マルコ教会 (St. Mark's Church)
  • 聖ヤコブ大聖堂 (St. James Cathedral)
スポンサーリンク


 以下は、エルサレムの世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」(Old City of Jerusalem and its Walls) の構成資産の中で、2012年2月28日に私が実際に訪問したところをご紹介いたします。なお、私が訪問した順番で並んでいます。


城壁の門 (Gate)

dsc04323
 エルサレムの旧市街を取り囲む城壁は、現在においてもエルサレムが特別な存在であることを物語っています。そして、城壁には、代表的な8つの門 (Gate) があり、エルサレムの長い歴史を象徴するかのように、それぞれの門にはいくつもの名が付けられ、多くの逸話や伝説も伝えられています。

【関連記事】城壁の門 (Gate)




嘆きの壁 (Wailing Wall)

dsc04338
 ヘロデ大王 (Herod) 時代のエルサレム神殿を囲む外壁のうち、現存する西側の外壁が「嘆きの壁」(Wailing Wall) と呼ばれています。あるいは、神殿を中心とした壁のある位置から「西の壁」とも呼ばれています。

【関連記事】嘆きの壁 (Wailing Wall)




神殿の丘 (Temple Mount)

dsc04376
 「神殿の丘」(Temple Mount) は、エルサレムの旧市街にあるユダヤ教およびイスラム教の聖地とされる場所です。神殿の丘の上には、イスラム教の施設「岩のドーム」、鎖のドーム、昇天のドーム、アル=アクサー・モスクなどが建っています。なお、神殿の丘の西側外壁が、ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」です。

【関連記事】神殿の丘 (Temple Mount)




岩のドーム (Dome of the Rock)

dsc04350
 岩のドーム (The Dome of the Rock) では、預言者ムハンマド (Muḥammad) が、天使を従え天馬に乗って昇天したと言われる「聖なる岩」(Foundation Stone) を取り囲むように建設されています。すなわち、このドームは、その「神聖な岩」が祀られている記念堂であり、礼拝所としてのモスクではありません。

【関連記事】岩のドーム (Dome of the Rock)




アル=アクサー・モスク (Al-Aqsa Mosque)

dsc04352
 アル=アクサー・モスク (Al-Aqsa Mosque) は、705年から709年にかけてウマイヤ朝の第6代カリフであったワリード1世 (Al-Walid ibn Abd al-Malik) によって建設されたモスクです。なお、ワリード1世は、第5代カリフで「岩のドーム」を建設したアブドゥルマリク (Abd al-Malik ibn Marwan) の子です。


聖アンナ教会とベテスダの池 (Church of St. Anne & Bethesda Pool)

dsc04383_2
dsc04385
dsc04381
 伝えられるところによると、聖母マリアの両親ヨアヒムとアンナは、この教会の敷地内にある洞窟に住んでいて、マリアもここで生まれたとされています。すなわち、この聖アンナ教会 (Church of St. Anne) は、聖母マリアの母アンナに捧げられた教会で、イエス・キリストの母マリア生誕の地とされている場所です。そして、聖アンナ教会の庭内には、ベテスダの池 (Bethesda Pool) があります (3枚目の写真)。


エッケ・ホモ教会 (Ecce Hommo Church)

dsc04392
dsc04394
 「エッケ・ホモ」とは、ラテン語で「視よ。この人なり」という意味で、イエスがローマ提督ピラトの裁判を受けたときに、ピラトがイエスを指して言った言葉からきているそうです。

 この教会にあるエッケ・ホモ・アーチは、135年にローマのハドリアヌス帝によって建造されたもので、道路に出ているものが中央アーチで、シオンのシスター教会の内部で見ることができるものが右側のアーチであるそうです。


聖墳墓教会 (Church of the Holy Sepulchre)

dsc04440
 イエス・キリストが十字架に架けられ、磔刑に処せられたのはゴルゴダの丘ですが、その丘と考えられているところに建つのが、エルサレム旧市街 (東エルサレム) にある「聖墳墓教会」(Church of the Holy Sepulchre) です。

【関連記事】聖墳墓教会 (Church of the Holy Sepulchre)




ヴィア・ドロローサ (Via Dolorosa)

dsc04396
 ラテン語で「苦難の道」を意味する「ヴィア・ドロローサ」(Via Dolorosa) とは、新約聖書の四つの福音書の記述やキリスト教の伝承などから想定されるイエス・キリストの最後の歩みのことです。

【関連記事】ヴィア・ドロローサ (Via Dolorosa)




ダビデの塔 (Tower of David Museum of the History of Jerusalem)

dsc04447
 ダビデの塔 (Tower of David Museum of the History of Jerusalem) は、ヤッフォ門 (Jaffa Gate) を入ってすぐ右側に見える尖塔で、シタデル (Citadel:要塞) とも呼ばれています。

【関連記事】ダビデの塔 (Tower of David Museum of the History of Jerusalem)




聖マルコ教会 (St. Mark's Church)

dsc04453
 聖マルコ教会 (St. Mark's Church) は、福音書の著者であるマルコ (Mark) の家と伝えられている場所に建てられた教会で、シリア正教会によって管理されています。ただし、この日 (2012年2月28日) は Closed でした。


聖ヤコブ大聖堂 (St. James Cathedral)

dsc04454
 聖ヤコブ大聖堂 (St. James Cathedral) は、イエスの使徒の一人であるゼベダイの子ヤコブが殉教したとされる場所に建てられた大聖堂です。ただし、この日 (2012年2月28日) は Closed でした。


この日に訪問した世界遺産の構成資産以外の場所

dsc04475
 この日 (2012年2月28日) は、エルサレムの世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」(Old City of Jerusalem and its Walls) で世界遺産の構成資産ではないところも訪問したわけですが、この日に訪問した世界遺産の構成資産以外の場所については、以下の関連記事をご参照ください。

【関連記事】エルサレムの旧市街 (Old City of Jerusalem)


スポンサーリンク



もしエルサレムを再訪する機会に恵まれた際には、世界遺産の構成資産を訪問したい!!

dsc04423
 私がエルサレムを訪問した2012年2月の時点では、私は、さほど世界遺産にこだわりを持っていたわけではありませんでした。その結果、このときには、エルサレムの旧市街の中で、キリスト教地区についてはかなりの場所を訪問した一方、ムスリム地区やユダヤ人地区については、世界遺産の構成資産であったとしても訪問しなかった場所が少なくありませんでした。

 今後、エルサレムを再訪する機会に恵まれるかどうかはちょっとわからないところですが、もしエルサレムを再訪する機会に恵まれた際には、世界遺産の構成資産を重点的に訪問したいと考えています。すなわち、2012年の時に訪問できなかったムスリム地区やユダヤ人地区について、重点的に訪問できればと考えているところです。

 以上、要するに、将来の私自身に向けての健忘録ですが、私に残された人生の時間を考えると、エルサレムを再訪することは難しそうです。

Best wishes to you !!


スポンサーリンク