imgp1408
 カンボジア旅行の最終日となる2014年2月27日は、帰国の途につく前に、カンボジアの世界遺産「アンコールの遺跡群」(Angkor) の中で、シェムリアップ郊外にあるアンコールの遺跡群の1つ「バンテアイ・スレイ遺跡」(Banteay Srei) を訪問してきました。

スポンサーリンク



バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) とは?

「女の砦」の意味を持つバンテアイ・スレイ (Banteay Srei) は、建立当時にアンコール王朝摂政役の王師ヤジュニャヴァラーハの菩提寺として建設されたと言われています。

 シヴァ神とヴァイシュヌ神に捧げられた小寺院であるバンテアイ・スレイ (Banteay Srei) は、外壁が赤色砂岩とラテライト、屋根の一部にはレンガが使用されている美しい遺跡です。

 この遺跡は、ほとんどが赤色の砂岩で造られていて、その造形美はアンコールの遺跡群の中でも群を抜いて洗練されていて、優美であり、なおかつ、保存状態も極めてよいものがあります。そのため、この遺跡は、かなりの人気となっています。

 第二周壁の塔門のレリーフは、「マハーバーラタ」を描いた秀作が揃っていますが、この遺跡でもっとも有名なものは「東洋のモナリザ」と呼ばれるデバター像です。

 もっとも、このデバター像は、中央祠堂の壁面に施されているのですが、私が訪問した時は、遺跡保護のため中央祠堂周辺が立入禁止とされていたため、「東洋のモナリザ」と呼ばれるデバター像を鑑賞することができませんでした。

スポンサーリンク



バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) の場所




 バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) は、シェムリアップから北東に約40kmの場所にあり、車利用で諸俵時間45分から1時間くらいの場所に位置しています。

スポンサーリンク



バンテアイ・スレイ遺跡 (Banteay Srei)

imgp1408
imgp1411
imgp1422
 バンテアイ・スレイ遺跡 (Banteay Srei) では、さまざまな美しいレリーフを鑑賞することができます。
imgp1403
imgp1406
imgp1407
imgp1414
imgp1415
imgp1417
imgp1418
imgp1419
imgp1425

スポンサーリンク



雨季の時期であれば、クバール・スピアン (Kbal Spean) も訪問するとよいかも !!

 シェムリアップ郊外にあるアンコールの遺跡群を訪問するにあたって、私は、当初、クバール・スピアン (Kbal Spean) やプノン・クーレン (Phnom Kulen) も訪問する予定でした。

 しかし、ホテルの方に「乾季である今の時期にクバール・スピアンやプノン・クーレンに行っても面白くない。それよりは、アンコール国立博物館がおすすめ」ということで、急遽、アンコール国立博物館を訪問したところです。

 別の言い方をすれば、雨季の時期であれば、バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) だけでなく、クバール・スピアン (Kbal Spean) やプノン・クーレン (Phnom Kulen) も併せて訪問するといいように思います。ご参考までに、以下は、これら2つの遺跡の場所です。




Best wishes to you !!


スポンサーリンク