imgp3760
 2015年3月14日は、トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地域」(Historic Areas of Istanbul) を観光してきたわけですが、もちろん「イスタンブールの地下宮殿」(Yerebatan Sarnıcı) も訪問してきました。

スポンサーリンク



イスタンブールの地下宮殿 (Yerebatan Sarnıcı) とは?

 「地下宮殿」(Yerebatan Sarayı) あるいは「地下貯水池」(Yerebatan Sarnıcı) の通称で知られる「バシリカ・シスタン」(Basilica Cistern) は、トルコ共和国のイスタンブールにある東ローマ帝国の大貯水槽です。

 この貯水槽は、4世紀から6世紀、東ローマ帝国の皇帝であったコンスタンティヌス1世 (Constantinus I) からユスティニアヌス1世 (Justinianus I) の時代に造られたものと言われていて、ビサンツからオスマン朝にかけて、ここは周辺地域の主要な水がめとなっていました。

 貯水槽は、長さ138m・幅65mの長方形の空間で、高さ9m、1列12本で28列、合計336本の大理石円柱を備え、それぞれが煉瓦造の交差ヴォールトを支えています。宮殿の一番奥には、メドゥーサの顔が2体横たわっています。巨大なメドゥーサの首も残されています。

 この貯水池は、ジェームズ・ボンドの映画『007 ロシアより愛をこめて』の撮影場所として使われたことがあるそうです。その後、補修作業を行った後に1980年から一般公開されました。

 「地下宮殿」(Yerebatan Sarayı) も、トルコの世界遺産「イスタンブール歴史地域」(Historic Areas of Istanbul) の構成資産の1つとして、1985年に世界遺産 (文化遺産) に登録されました。

【参考文献】
 『地球の歩き方 イスタンブールとトルコの大地 2014〜2015年版』(ダイヤモンド・ビッグ社)

スポンサーリンク



イスタンブールの地下宮殿 (Yerebatan Sarnıcı) の場所




スポンサーリンク



イスタンブールの地下宮殿 (Yerebatan Sarnıcı)

imgp3760
imgp3780
imgp3770
imgp3788
imgp3791
  • 個人的には、一番楽しみにしていたところです。大変趣があります。
  • メデューサの首を見ることもできます (最後の2枚)。
  • 実際にとても幻想的な光景が広がっていて、大変楽しむことができました。オススメです。

Best wishes to you !!


スポンサーリンク