2017年12月22日 (金) は、早朝にカールズバッド洞窟群国立公園 (Carlsbad Caverns National Park) を訪問してきました。
IMGP3274
 まずビジターセンターに立ち寄り、午前10時からのキングスパレス・ツアー (Kings Palace Tour) を申し込みました。このツアーは、公園の入場料とは別にお金 ($8) がかかります。なお、私は、この日、午前8時過ぎにはビジターセンターに到着していたため、当日でもチケットを入手できましたが、予約を取っていないことを驚かれました。実際、このツアーはかなり人気のようで、この冬季の真っ只中にもかかわらず大盛況でしたので、確実にこのツアーに参加をするというためには、事前に予約をしておくことをオススメしておきます。

 カールズバッド洞窟群国立公園は、1995年にユネスコの世界遺産に登録されています。ビジターセンターの中には、世界遺産に登録されたことを示すものもあります。
IMGP3278
 以下、メインとなる3つの場所をそれぞれのツアー (Carlsbad Cavern Tours) で楽しみました。
  1. メインコリドー (Main Corridor):ナチュラルエントランス・ルート (Natural Entrance Route) 
  2. シーニックルームズ (Scenic Rooms):キングスパレス・ツアー (Kings Palace Tour) 
  3. ビッグルーム (Big Room):ビッグルーム・ルート (Big Room Route)

1. メインコリドー (Main Corridor)

 メインコリドー (Main Corridor) は、ナチュラルエントランス・ルート (Natural Entrance Route) というセルフガイドのトレイルで見学することとなります。以下の写真の野外劇場は、地下への入り口 (エントランス) となる場所です。この野外劇場は、4月下旬から10月上旬にかけて、毎夕刻に「コウモリの飛翔」(The Bat Flight) のショーが開催されているそうです。コウモリが公園にとどまるのは4月下旬から10月上旬までの間だけであり、残念ながら、真冬の時期であるこの日は、ショーを鑑賞することができませんでした (コウモリたちは、冬季の間、寒さを避けてメキシコへ移動するそうです)。
IMGP3281
 以下は、文字通り、地下への入り口 (エントランス) となるところです。
IMGP3284
IMGP3287
IMGP3293
IMGP3295
 ビジターセンターから地下の広場まで直接エレベーターで降りることもできますが、自分の足で歩いて地下に降りることにより、地上の様子とは異なった地下の様子を肌で感じることができます。時間があるのであれば、ナチュラルエントランス・ルートを歩いて降りることをオススメいたします。


2. シーニックルームズ (Scenic Rooms)

 キングスパレス・ツアー (Kings Palace Tour) に参加して見学することとなります。ツアーに参加しないと見学することができません。ちなみに、通常は1時間半ほどのツアーですが、この日は、ガイドの方がお話好きであったほか、参加人数がとても多かったということもあり、2時間かかりました。

 このツアーでは、赤ちゃんの部屋 (Papoose Room)、女王の間 (Queen's Chamber)、王宮 (King's Palace)、グリーンレイクルーム (Green Lake Room) といったところを見学することができます。
IMGP3310
 以下は、キングスルームだったと思います。たぶん・・・・・。
IMGP3320
IMGP3324
IMGP3328
IMGP3330
IMGP3335
IMGP3340
 以下の場所で、すべての光を切り真っ暗な暗闇を体験することができました。真っ暗な時に写真を撮影したのですが、案の定、何も写っていませんでした (^^;)。
IMGP3345
IMGP3359
IMGP3360
IMGP3364
 実は、訪問者にもっとも人気があるという内気なゾウ (Bashful Elephant) です。はにかんで向こうを向いてしまったゾウさんのおしりのように見えるそうです。
IMGP3369
 グリーンレイクです。写真ではわかりにくいと思いますが、たしかに緑色のレイクでした。
IMGP3377
 とても見所の多いツアーだと思います。ぜひ参加してみてください。


3. ビッグルーム (Big Room)

 キングスパレス・ツアー解散後、ビッグルーム・ルート (Big Room Route) を回ってビッグルーム (Big Room) を見学してきました。このビッグルームは、セルフガイドで自由に回ることができます。また、平坦な道ではありますが、かなり広いため、1時間くらい時間がかかると思います。

 このルートでは、太陽寺院 (Temple of the Sun)、巨人の間 (Hall of Giants)、千歳の岩 (Rock of Ages)、妖精の国 (Fairyland)、トーテムポール (Totem Pole)、人形劇場 (Doll's Theater)、底なし地獄 (Bottomless Pit)、ロウアーケイブ・ビュー (Lower Cave View) などを見学することができます。
IMGP3395
 巨人の間 (Hall of Giants) です。
IMGP3400
 妖精の国 (Fairyland) です。
IMGP3406
 太陽寺院 (Temple of the Sun) です。
IMGP3408
IMGP3413
IMGP3427
IMGP3431
IMGP3452
 千歳の岩 (Rock of Ages) です。
IMGP3458
 人形劇場 (Doll's Theater) です。 
IMGP3470
 いかがでしょうか? 実は、今回の旅行で私がいちばん訪問したかった場所が、このカールスバッド洞窟群国立公園です。私の高い期待を裏切ることなく、大変楽しむことができました。とりわけ、鍾乳洞に興味があるという方には満足できるところであると思います。大自然が長い年月をかけて作り上げてきた幻想的な世界をぜひ体感してみてください。

 なお、宿泊する場所ですが、私は、カールスバッド洞窟群国立公園から一番近い White City で宿泊しましたが、必ずしもいいモーテルがあるというわけではありませんし、文字通り、街にはお店等もほとんどありません。本日、カールスバッド (Carlsbad) のまちを通過したのですが、モーテルも多くありますし、飲食店やスーパーマーケットなどのお店も充実していたように思います。また、カールスバッド洞窟群国立公園からもさほど離れていませんので、個人的には、カールスバッドに宿泊することをオススメしておきます。

 最後に、この日は、カールスバッドからアラモゴード (Alamogordo) に移動しました。本日の移動ルートは以下の通りです。


 ただし、結論から言えば、エルパソの方まで戻り、そこからアラモゴードに移動するルート (US-62, US-54) にすればよかったと後悔しました。

 当初は、サンセットをホワイトサンズ国定公園で楽しもうと考えていたのですが、US-82 が山道でただでさえ時間がかかったほか、雪が積もっているところを移動した (かろうじて道路のところだけは雪がないという状況でした) ため、かなりゆっくり移動せざるを得ませんでした。その結果、この日は、サンセットの時間にホワイトサンズに到着することはできませんでした。

 とりわけ、Lincoln National Forest のところは雪がひどかったです。まさか雪化粧の景色の中を移動しなければいけないとは夢にも思いませんでした。今となっては、雪化粧の景色を写真に収めておけばよかったと思いますが、その時はかなり焦っていましたので、とても写真を撮影する余裕などありませんでした。

 とりわけ、冬季にカールスバッドからホワイトサンズに移動するという場合には、エルパソの方まで戻って、そこからホワイトサンズ (あるいは、アラモゴード) に移動するルート (US-62, US-54)  を強くオススメしておきます。

 宿泊先である Holiday Inn Express & Suites : Alamogordo に到着した時には、心からホッとしました。
IMGP3477
IMGP3478
IMGP3479


スポンサーリンク