2017年12月23日 (土) は、早朝にホワイトサンズ国定記念物 (White Sands National Monument) を訪問してきました。
IMGP3484
 園内の道路は、片道8マイルの Dunes Drive のみとなります。


1. Dune Life Nature Trail

IMGP3514
IMGP3515
IMGP3516


2. Interdune Boardwalk

 遊歩道沿いに、わずかな養分と水分を巧みに摂取して咲く花々が見られるそうです。 
IMGP3485
IMGP3486
IMGP3487
 当初は、トレイルの先まで行く予定でしたが、遊歩道 (3枚目の写真) が凍っていたため危ないと判断し、すぐに引き返しました。


3. Heart of the Sands

 ホワイトサンズ国定記念物の写真で有名なのは、ここから撮影した写真であると思います。一面「真っ白な世界」を堪能することができます。
IMGP3492
IMGP3493
IMGP3495
IMGP3503
IMGP3507
IMGP3511
 一面真っ白な世界を想像していたのですが、そのような場所に行くためには、ちょっと奥の方まで歩く必要がありそうでした。あまり時間もあるわけではなかったので、私は、近くから撮影したのみです。

 ホワイトサンズの砂は、石膏 (硫酸カルシウム) だそうです。通常の砂は、太陽の熱を吸収して熱くなりますが、石膏は熱を吸収しないそうで、ホワイトサンズでは真夏でも素足で歩くことができるそうです。

 ちなみに、この場所は、およそ2億5000万年前、海の中だったそうで、海底に堆積したプランクトンの死骸などが固まって石膏となったそうです。その後、土地が隆起して石膏が結晶化して現在に残っているそうです。


4. Sunset Stroll

 当初の計画では、昨日に参加する予定であった Sunset Stroll のスタート地点です。私は、参加することができませんでしたが、サンセットを楽しみたいという方はぜひ参加してみてください。
IMGP3513

 ところで、アメリカ合衆国政府は、2019年までにユネスコの世界遺産に登録することを目指して、ここホワイトサンズを世界遺産暫定リストに加えているそうです。

 しかし、国定記念物 (National Monument) として保護されているのは、砂丘の南側4割ほどだけということです。残りの約6割は、全米最大規模のミサイル射撃場として利用されているそうです。しかも、世界初の核実験が行われた場所でもあります。すなわち、このホワイトサンズ国定記念物に隣接するところには、アメリカにとって重要な軍事施設があるわけです。

 世界遺産に登録されると軍事演習等に影響が出る可能性があるという理由で、アメリカ国内では、ホワイトサンズを世界遺産暫定リストから取り除こうという動きもあるようですが、石膏の結晶が地上でこれだけ広大に残されているホワイトサンズは、ぜひ世界遺産に登録されてほしいと思います。


 ホワイトサンズ国定記念物を訪問した後は、次の宿泊ホテル TownePlace Suites by Marriott Gallup に移動しました。
IMGP3520
IMGP3521
IMGP3523
IMGP3524
IMGP3525
 当初は、隣接する Holiday Inn に宿泊することを考えていたのですが、Holiday Inn よりも評価が高いにもかかわらず、値段が安いモーテルを見つけました。それが、この TownePlace Suites by Marriott Gallup です。あのマリオットの系列のモーテルなのですが、これまでに宿泊したモーテルとは格段に異なります。

 私の安月給では、なかなかマリオットに宿泊することはできませんが、マリオットの系列のこのモーテルであればなんとか宿泊できるかもしれません。Marriott Rewards にも加入したことですし、機会があればまた利用したいものです。

 本日のドライブコースは、以下の通りです。




スポンサーリンク