2月の上旬は暖かい日が多かったものの、2月中旬以降はかなり肌寒い日々が続いています。10年前のときは「バークレーでは、冬でも温暖であった」という記憶しかありませんでしたので、ここ最近の寒さにはちょっと驚いているところです。

 とはいえ、2月も下旬となるこの時期になると、少しずつではありますが、春の訪れを感じる光景を目にするようになりました。以下の写真は、2018年2月26日 (月) の通勤途中で撮影した UC Berkeley のキャンパス内の1コマ (モクレン ? の写真) です。
IMGP4325
IMGP4318
IMGP4323
 これからどんどん暖かくなってほしいと考えているところですが、暖かくなるということは、だんだん帰国が迫ってくるということも意味しますので、なんとも「微妙な気分」です。


スポンサーリンク