今日(8月14日)は、Renfe の高速列車 AVE を利用して、マドリッドからコルドバ(Cordoba)に移動し、世界遺産「コルドバ歴史地区」を観光してきました。今日、訪問したところは以下のところです。

1. ユダヤ人街 (La Juderia)

(1) シナゴガ (Sinagoga)(closedでした)

(2) カサ・アンダルシ (CasaAndalusi)

Imgp1572 Imgp1575 Imgp1579

(3) 花の小道 (Calleja de las Flores)

Imgp1630 Imgp1632

2. メスキータ (Mezquita)

Imgp1608

Imgp1586 Imgp1588 Imgp1590 Imgp1596 Imgp1597 Imgp1602 Imgp1610 Imgp1618 Imgp1619 Imgp1621 Imgp1646

  • コルドバの1番の目玉と言えば、このメスキータです。
  • 「円柱の森」と言われるメスキーダ内部です(1番目の写真)。かつては1000本以上あったようですが、現存するのは約850本ということです。
  • 785年に建設が始められましたが、その後、848年、961年、987年と3回にわたって拡張されたそうです。
  • この日はじめて、夜間見学もできることを知り、さっそく夜間見学が始まる午後10時に再訪したのですが、すでに売り切れのようで、当日ではチケットを購入できず、予約が必須のようです。リサーチ不足でした。

3. アルカサル (Alcazar)

Imgp1661

Imgp1648 Imgp1654 Imgp1657 Imgp1655 Imgp1662 Imgp1663

4. El Caballo Rojo

Imgp1645 Imgp1637 Imgp1641

  • コルドバを代表するレストランです。当初は、ディナーで利用しようと考えていたのですが、パエリヤはないということでしたので、急遽、遅めのランチで利用しました。
  • 「地球の歩き方」で紹介されていたアホ・ブランコ(ajo blanco)をオーダーしました。
  • 赤いトマトのガスパチョに対して、白いガスパチョと呼ばれているのが「アホ・ブランコ」で、ニンニクとアーモンドで作るアンダルシアの冷製スープです。ちなみに、この店のアホ・ブランコには、干しブドウとリンゴが入っていました。
  • アホ・ブランコは、たしかにおいしかったです。一方、ティラミスはイマイチでした。
  • 店員の方は、とても洗練されていました。

5. NH Amistad Hotel (宿泊したホテルです)

Imgp1564 Imgp1565 Imgp1569 Imgp1664

  • ホテルの前でネコを発見しました。

スポンサーリンク