imgp4641
 2015年8月17日も、オーストリアの首都ウィーンを観光してきたわけですが、まずはオーストリアの世界遺産「シェーンブルン宮殿と庭園」(Palace and Gardens of Schönbrunn) を観光してきました。

スポンサーリンク



シェーンブルン宮殿 (Schloss Schönbrunn) とは?

 シェーンブルン宮殿 (Schloss Schönbrunn) は、オーストリアの首都ウィーンにある宮殿で、ハプスブルク王朝の歴代君主が、主に夏の離宮として使用した宮殿です。

 この宮殿の前身は、神聖ローマ皇帝レオポルト1世 (Leopold I) が造営した宮殿です。設計を嘱託されたヨハン・ベルンハルト・フィッシャー・フォン・エルラッハ (Johann Bernhard Fischer von Erlach) は、パリのヴェルサイユ宮殿に対抗して、それを模しつつも凌駕する壮大な宮殿を計画しました。

 その後、1740年に、マリア・テレジア (Maria Teresia) がハプスブルク家の家督を継承すると、この離宮を居城と定め、大改築を始めました。慎ましやかな建物であったシェーンブルン宮殿は、規模が拡大されただけでなく、壁画や装飾が施され、庭園も拡張されて、壮大な宮殿へと変貌しました。

 もっとも、当初は、外壁は金を塗る計画でしたが、マリア・テレジアが財政状況を考慮し、黄金に近い黄色にしました。現在では「マリア・テレジア・イエロー」と呼ばれています。

 19世紀に入ると、神聖ローマ帝国は崩壊したものの、シェーンブルン宮殿は、歴史の舞台であり続けました。ナポレオン1世がウィーンを占領した際には司令部が置かれたほか、1914年から15年にはウィーン会議が開かれ、1961年にはアメリカ合衆国のジョン・F・ケネディ大統領とソ連のニキータ・フルシチョフ首相との会談の場所となりました。

 総部屋数1400を超えるシェーンブルン宮殿のなかで、もっとも豪華な部屋が「百万の部屋」です。壁には中米から取り寄せた紫檀が使われ、金箔の額に入れられたペルシアの細密画が飾られています。公式行事や謁見の場であった「鏡の間」は、幼いモーツァルトがマリア・テレジアの前で午前演奏をした部屋です。

 このほか、代表的な部屋としては、ナポレオン1世が滞在した「ナポレオン室」や、南国趣味の絵が飾られ、「庭園の間」とも呼ばれる「ベルグルの間」などがあります。

 1757年にマリア・テレジア軍がプロイセンのフリードリヒ2世に勝利したことを記念して建てられたグロリエッテ (戦勝記念堂) や、世界最古の動物園、ガラス建築の植物園なども立ち並んでいます。

 シェーンブルン宮殿は、1996年に、「シェーンブルン宮殿と庭園群」(Palace and Gardens of Schönbrunn) として、世界遺産に登録されました。

【参考文献】
 世界遺産検定事務局『すべてがわかる世界遺産大事典 <下>』(世界遺産アカデミー、2012年)

スポンサーリンク



シェーンブルン宮殿 (Schloss Schönbrunn) の場所




スポンサーリンク



シェーンブルン宮殿 (Schloss Schönbrunn)

imgp4641
imgp4648
  • 「マリア・テレジア・イエロー」が鮮やかな「シェーンブルン宮殿」(Schloss Schönbrunn) ですが、残念ながら、宮殿内部は「写真撮影不可」ということで、写真はありません。
  • ローザの間 (17)、丸い中国の小部屋 (23)、大ギャラリー (21)、漆の間 (29) などが印象的でした。
  • オーディオガイドでの説明は、前日の王宮のオーディオガイドとかなりかぶっていました。
スポンサーリンク



迷路庭園 (Irrgarten) (断念しました)


ネプチューンの泉 (Neptunbrunnen)

imgp4651_2
imgp4652
imgp4654
 グロリエッテの丘の麓にある大噴水です。

スポンサーリンク



グロリエッテ (Gloriette)

imgp4657
imgp4661
 前述のように、1757年にマリア・テレジア軍がプロイセンのフリードリヒ2世に勝利したことを記念して建てられたのが、この「グロリエッテ」(戦勝記念堂) です。

スポンサーリンク



シェーンブルン動物園 (Tiergarten Schonbrunn)

imgp4666
imgp4684
imgp4690
imgp4709
  • マリア・テレジアの夫フランツ1世が1752年に創立した、現存する動物園としては世界最古の歴史を誇る動物園です。
  • 動物を撮影するのは難しい、と改めて実感しました。
Best wishes to you !!


関連記事


【サイトマップ】ポーランド・ハンガリー・スロバキア・オーストリア・チェコ・ドイツ旅行記 (2015年8月10日〜25日)


【世界遺産の街】オーストリアの首都ウィーン (Wien) のオススメ観光地


【サイトマップ】世界のおすすめの城と宮殿 (Castle and Palace, Château, Schloß)



スポンサーリンク